まるっとOUTPUT!

まるごと全部自分をOUTPUTするブログ。OUTPUTで人生変えてみます!

腹筋を割りたければとにかく痩せろ!腹の脂肪を減らせ!まずはそれからだ!

はいどーも、マル(@marutooutput)です!


ちょっと前にこんな会話を耳にしました。

  • 最近年齢のせいか腹がたるんできちゃってさ〜、お腹を引き締めるために最近寝る前に腹筋の運動始めたんだよね〜。
  • 最終的には腹筋が割れるといいんだけどな〜。


この手の話を聞くと長年筋トレやっている自分はとても残念な気持ちになる。いまだに間違った認識をしている人が多いんだな〜って。



おいオッサンよく聞け!いくら腹筋運動やったって腹筋は割れねぇからな!

それどころか、たるんだ腹も引き締まらないから!







腹筋を割りたければとにかく痩せろ!腹の脂肪を減らせ!まずはそれからだ!

f:id:maruskate:20200307121902j:plain

腹筋運動でお腹は引き締まらないし腹筋も割れない。これはもはや常識だと思っていたんだけど、そんなことないんだね。自分の常識を他人に当てはめるのはよくないね。


なので知らない人のためにもう一度言う。腹筋運動でお腹は引き締まらないし腹筋も割れないよ!

お腹の脂肪が腹筋を隠している

これもみんな知っていると思ってた。掛け算の九九ぐらいの認知度だと思っていた。


それは腹筋は誰もが割れていて、割れて見えないのは脂肪が邪魔しているからってこと。



誰でもです。そう、これを読んでくれているアナタもです。人はもとからそうゆう作りになっているんです。腹筋の形がそうゆう形なんです。


アナタの腹筋が割れて見えないのは、腹筋の上にある脂肪が邪魔をしているからです。

別に腹筋の筋量が足らないからとかじゃないんです。

腹筋が割れて見えやすいタイプ

ちょっと思い出してみてください。アナタの回りにガリガリとまではいかなくても、細い太らないタイプの人いません?



その人の腹筋は割れているはずです。なんせ脂肪がないので腹筋の形がよくわかるからです。



その人は筋肉はそんなについてないのに腹筋が割れているはずですよ。つまり筋量は関係ないんです。



俺のまわりはハラの出た中年オヤジしかいねーよ!って人はジャニーズの人たちを思い浮かべるといいと思います。


彼らの腹筋が割れて女子にキャーキャー言われているのは、ただ単に痩せていて腹筋の形があらわになっているからです。


ちなみに彼らは細マッチョではなく、ただのガリです。この辺の世間の間違った認識も今後正せたらなと思っています。

脂肪を減らせば腹筋がでてくる!

腹筋が見えない理由がわかったら、次は対処法です。


簡単ですよね?腹筋を隠している脂肪をなくせばいいだけです。


つまりは痩せましょう!ってことです。腹筋運動をするんじゃなくて、痩せる努力をしましょうねってことです。


腹筋運動では痩せないよ

もしかしたら、こんなことを思っている人がいるかもしれません。

  • いやね、お腹まわりを痩せさせるために腹筋運動やっているんだけど。


あー、違う。それ違うから。


腹筋運動じゃお腹の脂肪は減らないから。


動かした部分が痩せるわけじゃない

腹筋運動もそうなんですけど、女性に多かったりするのが二の腕のぷよぷよをとるために腕の筋トレをしている人。残念ながらそれだけではぷよぷよは撃退できません。


動かした場所が痩せていくと思っている人が多いかもしれないですが、これは違います。



基本敵に体全体の脂肪が落ちていきます。



その中でも落ちやすい場所、落ちにくい場所があって、内蔵を守るためのお腹まわりの脂肪をは比較的落ちにくいです。


さらにいうと、これは実体験として年齢が上がるとお腹まわりの脂肪が落ちにくくなります。


だから中年オヤジはみんな腹が出ているんですね。


痩せるため、脂肪を落とすためには食事の管理

じゃあどうすれば痩せられるのか?これは超かんたん。食事の管理をすればいいんです。


もしアナタが太っているのなら、それはただ単に今まで食べすぎていたからに過ぎません。



ちょっとした隙間時間にコンビニでシュークリームとか 買って食べてません?そうゆうのをちゃんと管理していけばいいんです。



もし時間があるのでしたら、正しく痩せるための手順をまとめた記事があるんでよかったら読んでみてください。

www.marutooutput.com




そんな感じで今回は腹筋を割りたいなら痩せましょう!ってことを書いてみました。


自分のまわりにもとりあえず腹筋運動しておけばいい!って思っている人が多くて、いやホント多くてびっくりしています。



最後まで読んでいただきありがとうございます!ではまた!



《次に読みたい記事!》
www.marutooutput.com
www.marutooutput.com