まるっとOUTPUT!

まるごと全部自分をOUTPUTするブログ。OUTPUTで人生変えてみます!

【給料公開】ウーバーイーツを始めて最初の1ヶ月でいくら稼げるのか!?

f:id:maruskate:20210101220112j:plain

こんにちは、マルです。


2020年9月の半ばにuber配達員の登録をして1ヶ月間稼働した結果いくら稼げたのかを書いてみたいと思います。


暴走自転車で話題のuber配達員(初心者)がどのくらいの収入なのか気になる人は是非読んでみてください。





ウーバーイーツは給料ではなく報酬

まずはじめに書いておかなければならないのが、ウーバーイーツから支払われるのは給料ではありません。勘違いしている人も多いかと思うので先に書いておきます。


は?給料じゃなきゃなんなのさ?という人のために書いておくと、報酬とか売り上げというかたちになると思います。


ウーバーイーツで配達員として働く場合、ウーバーイーツという会社と雇用契約を交わすわけではありません。つまり雇われるわけではないのです。

実際にはウーバーイーツという会社と個人が配達パートナーという関係性になり、個人がウーバーイーツの代わりに商品を運ぶ対価として報酬が支払われるというものです。

ですので、ウーバーイーツ配達員は社員やアルバイトではなく個人事業主という立場になります。


個人事業主は自分で年間の収入を報告して税金を収める確定申告も必要になるので覚えておきましょう。



ウーバーイーツ配達員、最初の1ヶ月でいくら稼げた?

ウーバーイーツ配達員は月曜日〜日曜日の売上が次の週に振り込まれるシステムになっています。

なので一週間毎の売り上げを載せていきたいと思います。


さっさと合計金額だけ知りたいんだけど!って人は下の1ヶ月の売り上げはいくらになった?をクリックしてください。


初稼働の週

f:id:maruskate:20210101142940j:plain


これが初稼働の週の売り上げです。初稼働日は9月25日(水)です

uber配達員はuberDriveというアプリで配車や売り上げを管理されていて、この画像はそのアプリ内の画面になります。


一番上の大きく表示された金額がその週の売り上げになります。そして真ん中のオンライン時間というのが実際の稼働時間です。

このオンライン時間は暇でただ配車を待っているだけの時間もカウントされていきます。


この週は3日間で13時間16分の稼働で11,089円の売り上げになります。

まぁ最初なんでね

時給換算で余裕の1000円割れです笑

一日の稼働時間も平均すると4時間いってません。

まぁ最初は右も左も分からない状態、誰かが「こうやるんだよ」と親切丁寧に教えてくれるわけではないので、流れを掴む程度に稼働してみました。

稼働2週目

f:id:maruskate:20210101145014j:plain


この週は6日間の稼働です。オンライン時間が36時間27分なので一日6時間ちょいの稼働です。

そして週の売り上げが43,129円でした。なんとか時給1000円は越えましたね。

昼間のみの稼働でした

ちなみにこの頃は朝9時からの稼働で、昼間のみの稼働でした。夜はなんか怖くてね笑

昼間のみだと忙しい時間帯、つまり稼げる時間帯が11時半過ぎから13時くらいまでなので、待機時間が多くなりがちでした。


そしてこの週で初めてチップをいただきました。

ウーバーイーツでは商品を頼んだお客様が配達員に対してサービスが良いと思えばチップを渡すことができます。

配達員の立場からすると、金額に関係無くチップをいただけるとというのが感謝でしかありません。ありがとうございます!

稼働3週目

f:id:maruskate:20210101152505j:plain


だんだんとウーバー配達員の仕事が楽しくなっちゃって、この週では七日間フルで稼働しています。

52時間36分のオンラインで58,145円の売り上げでした。

夜稼働とクエスト報酬

この週の水曜日から昼間の稼働に加えて夜の稼働も始めました。この当時は18時半くらいから21時過ぎくらいまで夜の部として稼働していました。


そしてクエスト報酬が付くようになったのもこの週からです。

クエスト報酬とは〇〇回配達したら〇〇円のボーナスをあげますよ〜ってやつです。最初のうちは無いようです。


そして初クエスト報酬は8,800円でした!

自転車が変わったのもこの週

大きな変化としてこの週から配達に使う自転車が変わりました。

別の記事で書いたのですが、最初使用していた自転車はレンタルの電動アシスト付き自転車でした。

この記事です↓↓
www.marutooutput.com


レンタルの電動アシスト付きの自転車からメチャクチャカッコいいクロスバイクにしたんですけど、まぁこれがすごいのなんのって。

uber配達員としてしっかりと稼ぎたいと思ったらロードバイクやクロスバイクじゃないとダメだと痛感しました。この辺は後日別記事として書きますの良かったらまた読みに来てください。

稼働4週目

f:id:maruskate:20210101160957j:plain


この週は初の大台に乗りました。103,583円の売り上げで初の10万円台です!

オンライン時間は55時間6分

稼ぐには乗車回数をこなす

この週は前の週とオンライン時間が大きく変わらないのに、売り上げのほうは2倍近く差がついています。これは一日の乗車回数の違いによるものです。


前回が116回に対して、今回は142回でその差26回です。

これは効率よく乗車回数をこなせたため、同じような稼働時間でも売り上げ伸ばすことができました。


乗車回数をこなせた要因としては、この週の土曜日、日曜日が気温が低く一日を通して雨だったためにウーバーイーツの注文が殺到したためです。


そして注文が殺到しているエリアに配達員を集めるため、uberの運営がエリアブーストというものを発動します。

これは運営が指定したエリア内で配達したら一回の配達報酬が1.1倍〜1.3倍になるというものです。


おかげで金曜日は一日で17,500円の売り上げがありました。

稼働5周目

f:id:maruskate:20210101164748j:plain


1ヶ月の集計ラストの週になります。

オンライン時間は46時間38分で売り上げは69,613円です。

休まず働いています(笑)

お気づきの人もいるかと思いますが、3週間以上休まず稼働しています笑


一日の稼働時間が6〜7時間と短いということもありますが、自分の場合はストレスなくできる仕事のため特に休むことなく稼働することができました。

仕事というのは精神面を回復させるのに休みが必要なんだと気付かされました。

1ヶ月の売り上げはいくらになった?

ここまでで31日、つまり1ヶ月になります。

5週の売り上げを全て足すと…



285,625円



になりましたーー!!!


ちなみにオンライン時間は204時間3分でした。

なので時給換算で1400円ってとこですね。時給換算する意味があるかどうかはわかりませんが笑

これはあくまで売り上げです

ここで気をつけないといけないのが、これは売り上げであるということ。


お給料じゃありません。まるまる全額お財布に入るわけじゃないんです。ここから税金やらなんやらを支払います。というかほとんど税金。


なので難しい計算は分かりませんが、ここからざっと2割は持っていかれると思うので八掛けすると…



手元に残るのは22万ちょいくらいなのかなと考えています。



たぶん。きっと。おおかた。おそらく。

もし詳しい人がいたら教えてください!



これがウーバーイーツ配達員のリアルです

実際にウーバーイーツ配達員として1ヶ月稼働した売り上げを書いてみました。

どうです?少ない?多い?感じかたは人それぞれだと思います。


自分が実際にやってみて感じたuber配達員の仕事のメリットは

  • 初期投資がほとんどかからない(スマホと自転車があればとりあえずOK)
  • スキルや知識がなくてもとりあえずある程度稼ぐことができる
  • 時間の制約を受けにくい(ピーク時間の稼働を逃すと稼ぎにくいけど)
  • 現金がすぐに手に入る


といったところでしょうか。


なので、とりあえずすぐに仕事しないとヤバい!金が無いんだ!という人が始めるにはうってつけの仕事だと思います。

もしくは空いた時間にお小遣い稼ぎをしたいなって人むけだと思います。



逆にデメリットは

  • 人によっては仕事に面白みを全く感じない
  • 労働に対する収入に限界がある
  • 特別なスキルが身につかない


などですかね。

この仕事で家族を養うとかは相当ハードルが高いと思います。



最後に

これを書いている現在、ウーバーイーツの配達員として働き始めて3ヶ月以上たちました。

今後は?と聞かれるとまだしばらくは続けるつもりです。自分のような、あまり働きたくねー、朝も寝ていたい、残業とかマジで無理ッス!とか考えているおじさんには丁度いい仕事なのかもしれません。ストレスフリーなんです笑




最後まで読んでいただきありがとうございました!
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです!
コメントいただけると泣いて喜びます!