まるっとOUTPUT!

まるごと全部自分をOUTPUTするブログ。OUTPUTで人生変えてみます!

【感想・書評】伝え方が9割/佐々木 圭一

コトバの力だけで突破する!



コトバだけで相手の気持を変える。そんな方法があるとしたら、あなたは知りたくありませんか?


伝え方が9割/佐々木 圭一

f:id:maruskate:20190716103938j:plain


この本の著書は大学院を卒業後、博報堂に入社。もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむことになります。


しかし、あるとき伝え方には技術があることを発見します。そこから人生が激変したといいます。



伝え方には技術がある。そして、それは学ぶことができる。しかしそれを知っている人は少ない。



就職活動で、プレゼンで、好きな人への告白で、友達へのお願いで。それら全て、伝え方で成否が変わるものです。


面接なんてまさにそうです。面接会場で自分の人生を見せることはできませんから、伝え方だけであなたのことを判断されるのです。



人生は、小さなものから大きなものまで、伝え方で変わります。



この本には著者が経験と試行錯誤で身につけた、伝え方の技術が詰め込まれています。



今回、この本を読んで自分が特によかったと思う部分をまとめてみました。

ノーをイエスに変える技術

「昼メシ食べに行きませんか?」

「領収書おとしてください」

「デートしてください」


日常生活での何気ないお願いや、人生を左右するような大切なお願い。


様々な場面でのお願いで、ノーだったはずのものをイエスにする確率を上げる、3つのステップがあります。


  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる



この本のなかで書かれていた、具体例がわかりやすかったのでそれを紹介します。

①自分の頭の中をそのままコトバにしない

まったくあなたに興味がない人がいたとして、その人をデートに誘う場合をイメージしてみてください。



今までだったら単刀直入に「デートしてください」と言ってしまっていたかもしれませんが、それだと白か黒のルーレットのような博打になってしまいます。


少しでも可能性を上げるために、自分の思い、頭の中で思ったことをそのまま口にするのまずやめるのです。


②相手の頭の中を想像する

ぐっと、口にするのをこらえたら、お願いに相手がどう考えるか、相手は何を考えているかを想像以上します。


「デートしてください」と言ったときに、相手がどう思うか想像するのです。


イエスとなりそうならそのまま思った通りに話してしまえばいいです。


ノーとなりそうなら、いったんあなたのお願いから離れて、相手の頭の中を想像します。


好きなものは?最近興味があると言っていたことは?これからの予定は?

③相手のメリットと一致するお願いをつくる

相手の頭の中をもとに、コトバを作っていきます。


ここで大切なのは相手の文脈でつくることです。相手にとってイエスと言うことがメリットになることを考えるのです。



例えば相手が「イタリアンが好き」であるなら、



「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行きませんか?」



となります、相手にとってみたらまさに望んでいることだからイエスとなる可能性は高いですよね。


このコトバには、実は表に出ていないコトバがあって、


「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行きませんか?(私とデートで)


目的はデート。だけど、デートは相手にとってみてらノーかもしれない。だからこの部分はあえて言わない。でも、結果としてパスタのお店に行くことはデートになる。


これが、相手のメリットと一致するお願いをつくる方法です。



この3つのステップで言葉を作ると、ノーと言われていたものがイエスに変わる確率が格段と高くなります。


今まで実現しなかったことが実現するようになります。


「強いコトバ」をつくる5つの技術

強いコトバとはどんなものか?


この本では人の心を動かすエネルギーのあるコトバと定義しています。


その強いコトバをつくる方法として、5つの技術を紹介しています。


  1. サプライズ法
  2. ギャップ法
  3. 赤裸々法
  4. リピート法
  5. クライマックス法


これらを学べばあなたのコトバが一瞬で強くなり、人生がかわります。


もし深く読んでみたい方は、一度本を手にとってをみることをおすすめします。


また、この本は伝え方の技術力がある人が書いただけあって、非常に読みやすく、内容が理解しやすいです。


分かりやすい文章の書き方の勉強になるとても学びの多い本はだと思いました。


伝え方が9割



マンガ版も出ていて、非常に読みやすく分かりやすいとレビューでも評判がいいのでよろしければ。


まんがでわかる 伝え方が9割

おまけ

伝え方が9割。
見た目も9割以上大切だったりする(´^ω^)