まるっとOUTPUT!

まるごと全部自分をOUTPUTするブログ。OUTPUTで人生変えてみます!

【感想・書評】人生は攻略できる/橘 玲

これからの日本はどうなの?って聞いてまわったら、ぶっちゃけた話、あまり明るい要素はないと答える人が大半だと思う。


じゃあ、そんな日本に生まれてきた今の若い人は悲観すべきかというと、そうでもない。


なぜかと言うと、これからの日本はさらに高齢化が進み、若者の価値はどんどんと上がっていくからだ。


これは、「たくさんあるものは価値が低く、少ししかないものは価値が高い」という市場原理が働くためである。


そうなれば、この価値を活かさない手はない。


これからの時代のルールを知り、正しい選択をすれば「幸福の土台」を手にすることができるので、「人生」を攻略することができる。

人生は攻略できる/橘 玲

f:id:maruskate:20190330193538j:plain

むかしの攻略法は使えなくなった

最初にいっておかなければならやいのは、いま人生ゲームの約束事が大きくかわりつつあることだ。これは日本だけでなく世界的な現象で、「一生懸命勉強していい大学に入り、大きな会社に就職して定年までこつこつ働く」とか、「そういう男性と結婚して専業主婦になる」という、お父さんやお母さんの世代の必勝法は全く役に立たなくなってしまった。  本文より


テクノロジーの進歩で、取り巻く環境が、今と昔では大きく変わってしまった。


新しいやり方に目を向けずに、古いやり方に固執していると、取り返しのつかないことになる。


むかしの攻略法は、もう使えないのである。



しかし逆の見かたをすると、今の日本は古いやり方をしている人が多い。


なので、早くから新しいやり方を覚えてしまえば、簡単に頭ひとつ抜き出ることができる。


好きを仕事に

たくさんの仕事のなかには、君に向いているものと、向いていないものがある。向いている仕事のなかで、君がどれを選ぶかはほとんど偶然に決まる。そして、その仕事を一生懸命やったいるうちにどんどん「好き」になって、やがて「天職」と思えるようになるのだ。  本文より


「好きを仕事に」は結局数をこなして経験するしかない。トライ・アンド・エラーの繰り返しである。

その際に、「会社」ではなく「仕事」を選ぶのが重要である。



一生懸命、つまり、圧倒的な努力ができるのは好きなことをだけ。

潜在意識レベルで、嫌いなことはできないし、反対に好きなことはいくらでも頑張れる。やらなきゃできない(意識)は、やりたくない(無意識)に勝てないのである。

潜在意識が拒むもので、妥協はするな!


お金持ちの方程式

お金持ちになる方法はものすごくかんたんだ。なぜならそれは、たった1行の数式で表わすことができる。

お金持ち = (収入ー支出) + (資産✕運用利回り)

足し算と引き算と掛け算だけでできた、上学生にでもわかりそうな方程式だけど、世界じゅうのひとびとを虜にしてきた「お金持ちになりたい」という夢が、このたった1行に凝縮している。  本文より

この方程式から分かることは、お金持ちになるには

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 資産運用する

の3つしかない。難しいことはなにもなく、いたってシンプルである。

収入を増やして支出を減らし、そこででた利益を資産に投入して運用する。そうすることで、複利のパワーが働き、誰にでも億万長者になれる。


若い人は、まずは人的資産(仕事)で得られるお金を増やすことに力を入れて、努力と倹約を続けることで、誰にでも億万長者になれてしまう。


伽藍とバザール

伽藍というのは、お寺のお堂とか教会の聖堂のように、壁に囲まれた閉鎖的な場所だ。それに対してバザールは、誰でも自由に商品を売り買いできる開放的な空間をいう。そして、伽藍かバザールかによって同じひとでも行動の仕方が変わる。
バザールの特徴は、参入も退出も自由なことだ。商売に失敗して、「なんた、あいつ口ばっかでぜんぜんだめじゃないか」といわれたら、さっさと店を畳んで別の場所で出直せばいい。

《中略》

それに対して伽藍の特徴は、参入が再現されていて、よほどのことがないと退出できないことだ。このような閉鎖的空間だと、ちょっとした悪口(あそこの店主、態度悪いよね)が消えないままずっとつづくことになる。  本文より

伽藍とバザールでは戦いかたが変わってくる。

バザールでは誰でも商売を始められるわけだから(参入障壁がない)、ライバルはものすごく多い。普通に商品を売っているだけでは、売れない。

どうすればいいか?

それは「失敗を恐れず、ライバルに差をつけるような大胆なことに挑戦して、一発あてる」ことだ。


一方、伽藍では、ライバルが現れることがないから、競争率はものすごく低い。商品を普通に売っているだけで、とりあえずお客さんが来て商売が成り立つ。

どうすればいいか?

それは「失敗するようなリスクはとらず、目立つことはいっさいしない」ことだ。



伽藍の世界とは、日本では会社や学校が当てはまる。サラリーマンは伽藍にとじこめられているのである。

むかしは伽藍の中で成功することが、幸せへの王道であったけど、伽藍の中のシステムはすでに崩壊してきている(終身雇用、年金制度など)。


伽藍の中での成功方法しかしらない多くの日本人は、時代の流れによってバザールの世界に放り出されたら、生き延びることができなそうである。


バザールで生き残る方法、それは「スペシャル」なものを身に付けて失敗してもいいから行動をおこすことである。好きを仕事にして「スペシャリスト」を目指すのである。


「人生は攻略できる」まとめ

読んだ一番の感想として、この本は若い人に是非読んでほしいと思いました。

これからのことを教えてくれるであろう、まわりの大人、親や学校の先生などは古い時代を生きてきているので、よほどの人でないとこの本に書かれているような考え方は持っていないと思ったからである。

つまりそれは、全く役に立たないことを教わることを意味している。そしてそれを鵜呑みにしてしまうと(知らないので当然です)、勝てない戦いに挑んでいくことになる。


是非この本を読んで、これからの人生を攻略していってほしいです。



人生は攻略できる

新品価格
¥1,400から
(2019/3/30 21:57時点)