まるっとOUTPUT!

まるごと全部自分をOUTPUTするブログ。OUTPUTで人生変えてみます!

【感想・書評】レバレッジ・リーディング/本田直之

どーも、マルです。


前回の読書術つながりで、これを読みました。

f:id:maruskate:20190105153814j:plain

本田直之さんのレバレッジ・リーディングです。


『ロングセラーの読書術』と帯に書いてあるように、ビジネス書を読む人は知ってる人が多いみたいですね。自分は全然知りませんでした。


本屋で立ち読みしたときにこの本の冒頭で、


『一冊1500円の本が100倍の15万円の利益になる』


と書かれていたので迷わずレジに直行しました。だって、1500円が15万円ですよ!?これは読むしかないじゃないですか!


レバレッジ・リーディングはザックリとこんな本

読書を自己投資に変えるためのやり方が書かれている本です。


著者が実際に行っているやり方、実践で使えるやり方を解説してくれています。特に難しいことをするわけではありません。


日頃本を読んで終わりになっている自分にはとても勉強になりました。

この本での自分の気づきなど

読書は最強の自己投資!

いろいろな本に『自己投資をしよう!』的なことが書かれていますが、その中でも一番コスパがいいのは読書なのかもしれません。


本の中には書いた人の試行錯誤や経験が数時間で理解できるように整理されて書いてあります。どんな人でもその本を読むだけで、なんの苦労もなく同じ経験をすることができます。


たかだか1500円程度だすだけでですよ?それだけの出費で、読んだ内容をしっかりと自分に落とし込むことができれば、割安で、しかも短い時間で自己成長ができてしまうというのですからコスパ最強じゃないですか?


まぁ、『しっかりと自分に落とし込む』をやるのが最初は難しいですけどね。でも大丈夫。この本を読み終わる頃にはそれができるようになっていると思います。


多読をすることで実践で使える知識が増える

著者は多くの本を読むこと(多読)をすすめています。これにより累積効果で実践で必ず活用できるようになると言っています。


たくさんの本を読むといっても、一冊を隅から隅までまで読む必要はないみたいです。斜め読み、飛ばし読みでいいので自分の必要だと思う箇所だけを読み込むことが重要になります。


確かに本に書かれている内容全てが自分に必要なんてことなんてほとんどないですね。


いろいろな本を読んで新しい知識を吸収することが大切で、多読をすることでたくさんの成功体験を自分の中にストックすることができます。それにより実践の場で使える選択肢が増えることになります。


手持ちの武器は多ければ多いほどいいということですね。


読んだ本の気づきを書き出し何度も読み返す

ほとんどの人はこれをやらないで『読んで終わり』になってしまっていますね。特に自分がそうです。


著者は本の大事な部分を抜き出してまとめたらプリントアウトして持ち歩くそうです。そして、空いた時間などにそれを読み込むそうです。それこそ紙がボロボロになるまで。


そこまでやって始めて読んだ本が自分の血肉になるんですね。これは自分に足らない部分なのでこれから実践していきたいと思います。


レバレッジ・リーディングのまとめ

本を読めば仕事で大きな成果を出すことができます。


それには時間をかけて本を読み込むより、いかに早く一つのことを実践で使えるようにすることが大切で、その積み重ねで大きくしていく。これが重要なのだと思いました。一冊の本から一つでも実践に使えるようになれば、その本から十分学んだと言っていいと思います。


また、たくさんの本を読んで同じ目的でも違った手法を知ることのほうが効率的に自己成長に繋がるんだと思いました。


あたりまえのことですが、本を読んで得た知識も実践しなければ1500円が15万円の価値にはなりません。それを再確認させてくれる本でした。